外国語の翻訳でも、法律だったり電化製品の取り扱い説明書の翻訳ともなりますと、頭を悩ませたりしますね。日本語に訳す際にはどういう風に言うのだろうと、むしろ英語よりも日本語の方を調べたりもしますから。

外国語の翻訳、例をあげると英語の翻訳にしてみても、電化製品の取り扱い説明書を専門に翻訳している人もいますからね。ですから本来的にはそういった専門の方に頼むのがいいことだとは思うのですが、しかしいかんせん専門だと看板を掲げている人なわけですから、報酬がお高めだということなのです。

そしてだからこそ、電化製品のマニュアルの翻訳がまったくもって専門ではない翻訳家に御鉢が回ってきたりするのです。しかしいかんせん専門ではありませんので、頭を悩ませることになるのです。日本語の製品マニュアルをいくつも見ながら四苦八苦しながら、一生懸命和訳していたりしますからね。しかしギャラの良さに惹かれて引き受けていることは事実ですから、そこは頑張るというわけですよ。