PR|リーズナブルなプロの翻訳料金|
私がおすすめする留学先は、高校生のころに私自身が留学したところなのですが、カナダのバンクーバーです。

初めて行った海外でもあるのですが、とにかく治安が良く、人々が親切で安心して過ごすことができました。
沢山の人種が住んでいますが、それぞれを認め合い、色々な文化が融合している都市です。
日本人も非常に住みやすい都市だと思います。

それまでの私は、型にはまった生き方をして、少数派になることを恐れている部分がありましたが、バンクーバーで主張することの素晴らしさ、それぞれを認め合う素晴らしさを知りました。
短期間の留学ではありましたが、私の人生観をがらりと変えてくれました。

自然も豊かで、雄大な自然に触れることもできます。
近くにはグラウスマウンテンやイングリッシュベイもあり、山も海も楽しめます。
日帰りでウィスラーリゾートにも電車で行きました。

ホームステイをしたのですが、ホストファミリーとは今も手紙を送り合う中です。
私の第2の両親です。
大学卒業前にも自分でチケットを取って、ホストファミリーに会いに行き、2週間位泊めてもらいました。

イギリス人や中国人の友達もでき、本当にいい経験をしました。
是非多くの人に行ってほしいです。留学先としてお勧めします。

大学時代はアイルランドへ留学していました。アイルランドと聞くとどこに位置するのかわからない人も多いと思います。それくらい日本人には馴染みの薄い国です。

 

そしてそこが私がアイルランド留学をおすすめするポイントです。語学留学の目的は英語が話せるようになることだと思います。語学の上達はとにかく英語漬けの環境に身を置くことです。

 

アイルランドは日本人に馴染みがないため日本人留学生も少ないのが魅力です。必然的に英語を話す機会が多くなります。私が留学していた一年間で日本人留学生はわずか5名でした。アイルランドはヨーロッパにあるのですが、多くの日本人はヨーロッパの留学先にはイギリスを選ぶのでアイルランドを選ぶ人が少ないのです。

 

また、一番留学先で人気があるアメリカですが、実際アメリカに留学していた友人は、日本人が多すぎて英語を話さない日もあったと言っていました。英語圏の留学先で主流なのがアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アイルランドです。この中で日本人が一番少ないのがアイルランドです。

 

英語漬けの環境が保証されています。また、生活環境もすばらしく、ヨーロッパ特有のかわいらしい町並みや、市の中心からすぐの場所には牧草地が広がり羊や牛が草を食む姿が見られます。パブ文化が発展しており、ギネスビールやウィスキー発祥の地でもあります。

 

アイリッシュダンスやアイリッシュミュージックが町の至るところで演奏されています。日本人には知られていない国だからこそ先入観なく沢山のことを吸収できるのです。私はアイルランドに留学してよかったと思っていますしこれから留学する人にはおすすめです。

PR|ショッピングカート|英語上達の秘訣|女性の人生|貯蓄|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ
|GetMoney|工務店向け集客ノウハウ|お小遣いNET|オーディオ|内職 アルバイト|住宅リフォーム総合情報|JALカード|英語上達の秘訣|家計見直しクラブ|心の童話|